So-net無料ブログ作成

フーガの恐怖

更新しようしようと思いながら、毎回間があいてしまいます。。。

もう10月。
今日はとても涼しくて秋になったんだと感じました。
季節の変わり目にはたいてい体調を崩すんですが、今季は……も…、やっぱりガタガタになりまして、やっぱりなという今日この頃です。
動けない程の状態にはならないものの、ダルさと頭痛が度々襲ってくるこの感じに、もう少し緩やかに季節は変わらないものなのかと思ったり。
あと数日でこの気候に体が適応しそうな予感なので、大人しく待つとします。

さて、先日、バッハ作曲のフーガの技法、コントラプンクトゥスをベリオがオーケストラ版に編曲した作品に参加する機会があって、フーガの恐怖を味わってきました。
フーガは落ちる危険性が大きい上に一度落ちると戻ってきにくいので、譜づらは単純なのに、緊張感ハンパないとゆーなかなか怖い部類の音楽なんですが、、、
やっぱりすごく緊張しました。。。
しかもテナーで低音域&弱音オンパレード。
怖かったですが、すごく良い機会に恵まれました。勉強になったー
同じバロックでもイタリアバロックの華やかさとは全く違う、神々しさのある曲でした。


それで、今週の土曜はうってかわって、明るい華やかなバロック吹きます。
フィオッコの協奏曲とデクリュックのソナタを演奏予定。
お時間ございます方は是非ご連絡くださーい。


2011年10月8日(土)
大阪音楽大学ミレニアムホール推薦コンサート
15時30分開場/16時開演
チケット500円
共演:pf,森口綾子
私は17時ごろ出演予定です。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。